横浜松陰塾戸塚校の塾の備品を紹介します。

■ホワイトボード
ホワイトボード

横幅が180cmもあるのでかなり大きいです。

当塾ではパソコン教材を使った反復学習と専用ノートを使ったノート学習の2つをしっかりと実施してもらっています。
生徒がわからない場合でも、まずは教材のヒントやポイントボタンでまずはしっかりと考えてもらっていますが、それでもどうしてもわからない場合や間違いやすいポイントはホワイトボードを使って説明したりもしています。

例えば算数の図形の問題って問題にイメージ(絵)がないととてもわかりづらいんですよね。
そんなときは必ずイメージ(絵)を自分で書いてみること。これがすごく大切です。
実際にホワイトボードに書いてもらったりもしています。
これだけで答えが見えてきたりします。

計算の問題も頭だけでやったり、途中式を省いたりしていませんか?
特に中学生になると、計算問題もかなり複雑になります。
このときに大切になるのが途中式の書き方です。
実はこれも間違わないための大事な要素です。
大切なのは途中経過をしっかりと書いていくこと。
これもホワイトボードで説明したり書いてもらったりしています。
最初は時間がかかるかもしれませんが、スピードは慣れてくると自然と上がってきます。

この「ホワイトボード」、すっかり欠かせないアイテムとなりました。